7月5日㈫ ママのための親子英語レッスン 体験会参加者募集中

えいごプレイルーム(年長~小3程度)

「英語を話せるようになりたい!もっと学びたい!」
本人がそう思うようになったときに
その子の学びを支えてくれるような英語力の土台を
英語のゲームで遊びながら、知らず知らず育みます。

大切にしていること

なぜプレイルームなのか?

私自身、園児・小学生の子どもと過ごしながら、平日の余裕のなさを感じています。

園児さんや小学校低学年の間は、リラックスして好きなことに取り組む時間や、地域のお友達と空間を共にして、たくさん遊んでほしい!

それから子どもには学校、家庭にプラスして、安心して話せる地域の大人や場所があるといいなと常々感じています。

えいごプレイルームは、英語教室ではなくて、遊び場でありお友達や地域の大人とのコミュニケーションの場。

こんな場所があったらいいなと私自身が母として感じること、そして英語講師としては、遊びやコミュニケーションでリラックスしながらたくさんの英語にふれる機会を用意したいとの想い、それを盛り込んだ理想の英語プレイルームです。

英語モードの身体づくり!

日本語ベースで育ってきた子どもたちの身体は、日本語を話すようにできています。いわば日本語モードの身体に育っているわけです。一方英語を使うときには、英語に適した身体の使い方があります。

プレイルームのはじめには、英語を使うための身体へとモードチェンジ!これが自然とできるように、Rhymoeメソッドに基づいたウォーミングアップ(導入)の時間を大事にしています。

英語教室ではなく遊び場!遊びながら身につけよう!

英語スイッチをON!したあとは、英語カルタ【BBカード】をメインに遊びます。

BBカードはトランプやカルタのようなカード遊び!七並べや神経衰弱、ババ抜きなどいろんな遊び方ができます。

でもただのトランプではありませんよ!

夢中になって繰り返し遊んでいるうちに英語を自然とたくさん口ずさみ英語リズムに慣れることができるだけでなく、中学卒業レベルの文法がはいった文章も身につくんです

親子で遊ぶ!親子で学ぶ!

親子でたくさんの体験を共有し、たくさん話して、親子で学びを深めていく姿勢を大切にしたいと考えています。

月数回のプレイルームの時間でできることは限られていますから、ぜひ親子でたくさんふれあいながら、おうちでも英語あそびをしてください。

年長さん以上はお子様のみでご参加いただけますが、時々ママたちにも一緒にご参加いただきたいなと思っています♪

フォニックスや英会話は、プラスレッスンがオススメ!

長期休暇など、いつもより集中して取り組める期間には、別途プラスレッスンをご案内します。

(長期休暇でなく通常時ご希望でしたらオンライン・個別で対応可能です)

RhymoeメソッドとBBカードでたくさん英語に触れて遊ぶうちに、英語の土台が育っていますので、集中的にフォニックスの知識を学ぶ【フォニックス講座】や【イラスト辞典ではじめる親子の英語コミュニケーション講座】でより成果があがります。

英語の音を文字へとつなげるフォニックス

英語の歌やリズムの中で、英語の音素や文字を学んでいくRhymoe Phonics音素を楽しくかつ丁寧に学ぶことで、英語の読み書きの土台をつくることができます。知っている音・文字が増えていくにつれ、自分で簡単な本を読むこともできるようになります!

少しずつ「自分で読める!」という体験を積み重ねることが自信となり、「もっと読みたい!もっと知りたい!」意欲へとつなげていきます。

Rhymoe Phonicsについて詳しくはこちら

イラスト辞典ではじめる親子の英語コミュニケーション

イラスト辞典を活用して、親子で英会話のレベルUPができます。全6回の講座で、オンラインでの【夏休み6週間集中プログラム】や対面で月1回おこなう【じっくり実践コース】をお好みで選んでいただけます。

募集概要

対象

年長~3年生程度
カードゲーム(カルタやババ抜きなど簡単なもの)のルールを理解し、遊ぶことが好きなお子さんに向いています。

日程

調整中 16:00~17:00

場所

れんたるスペースCUE
詳細はこちら

料金(税込)

参加費 1回1500円
現金もしくはPay Payでお支払いください。
教材費別途(下記参照)

使用教材

BBカード

1セット 5,280円(継続参加の方はご購入ください)
教室でも用意していますが、ご自宅でご家族でも遊べるようご購入いただくことをオススメしています。
BBカードについて詳しくはこちら

*Nano-World* Picture Dictionary

1冊 2400円

親子での英語コミュニケーションに最適でとっても魅力的なイラスト辞典です。ご希望の方にご案内いたします。

ご参加にあたって

2022年度は講師の子どもも参加予定です。ご了承ください。

タイトルとURLをコピーしました